ABOUT

香肆きざし乃
香肆きざし乃
香肆きざし乃

梗概源氏物語装粧香 全五十四帖 : : 藍綬意匠 : : 香肆きざし乃 eaux scent kizashino : : . . : : fotografie hajimehonda ・ ・ ・ かねてから源氏物語は 紫式部の分身鳥瞰の術だと思っていた 系譜され操られた傀儡子は 散々のまま形代にされてしまった 本田一写真館 : : 液晶に捉われた視推の光彩 帖 41・ 幻 香肆きざし乃 : : 装粧香とは衣装に為の仮粧 帖 54・ 夢浮橋 いつだって液晶は揺れ戻すし 視軸には迷彩が宿ってしまう  繊毛とアーモンド体は 無意識にベクトルを定めざるをえない あやふやであいまいな視覚と嗅覚には 美学なんてあるのだろうか ・ ・ ・ 梗概 :コウガイとは . あらすじのことです . 藍綬 :ランジュとは . 深青色の飾り紐のことです . 香肆 :コウシとは . 香りの棚のことです . 装粧香:ソウショウコウとは . 装いのための香りです . 肌に直につけるのではなく . 紫式部 = 光源氏の煌と蔭にも想いをはせて. 衣装の袖や襟に仮粧されてください . 藍綬意匠・香肆きざし乃は 装粧香製造加工所 . 槻屋・香肆きざし乃は 装粧香意匠研究室 . 各帖の表象画像は 藍綬意匠・本田 一 写真館所蔵作品です. 令和元年:梗概源氏装粧香宇治十帖から受注生産を始めました . 令和参年:十月二十日より世田谷美術館の一室で展示発表会の予定です. ・ ・ ・ 参考資料: https://ja.wikipedia.org/wiki/源氏物語